お金を借りるとき肝心なのがローンの金利

人生順風満帆そんな時ばかりではありません。 ただでさえお金が足りない時に限って、急にお金が必要になる時もよくあるものです。 お金が必要になった時、お金を借りる方法はいくつもあります。 家族や友人に借りるのもいいですが、誰かに迷惑をかけたくない場合は、どこかで借りるしかありません。 そのような時は、ローンを使えば気軽にお金を融資してもらうことができます。 ローンを利用する場合は、できるだけ金利の低いところで借りましょう。 どんな業者からお金を借りたとしても、お金を借りたのなら金利は必ず発生するものです。 もし、それが高ければそれだけ返済に時間がかかることになります。 早く返済を終わらせるためにも、どこで借りるかというのは重要な問題です。 安く借りたいという場合は、公的機関の融資を利用することをおすすめします。 審査や融資条件などは厳しくなりますが、民間よりずっと安く借りることが可能です。 しかも、信頼できるという点でも、公的機関にかなうものはありません。 お金を利用する目的が決まっているのなら、その目的に合わせて融資を申し込むことで安く借りることができます。 ただ、急な用には向きません。 プロミス 土曜日にキャッシングするのもよいですが、 最近は、銀行のローンの審査も手軽になっています。 銀行で借りることができれば、公的機関ほどではないにしてもかなり安く借りることができるでしょう。 信用力が高い人ならば、審査に通らないことを心配する必要もありません。 それができない場合は、消費者金融で金利ができるだけ安いものを探しましょう。 また、今すぐお金借りる場合にも消費者金融がよいでしょう。 ただ、もし消費者金融から借り入れするなら、大手の実績があるサービスを選びましょう!


キャッシングにおける法定利率とは何か

キャッシングでの法定利率とは、利息制限法、出資法などの法律に基づいた上限金利のことをいい、別名法定上限金利と呼ばれています。 かつて利息制限法の上限金利は元金10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%でした。 一方、出資法の上限金利は29%でした。 出資法では上限金利を超えると罰せられますが、利息制限法では上限金利を超えたとしても罰則が適用されません。 このような抜け穴があったため、貸金業者は出資法に違反しない程度のぎりぎりの高い金利で貸し付けを行ってきました。 このぎりぎりの高い金利はグレーゾーン金利と呼ばれていました。 しかし2010年6月に貸金業法が改正されたのに伴い、出資法の上限利率も利息制限法と同等の20%に引き下げられたため、グレーゾーン金利はなくなりました。 キャッシングの契約をすると、約定利率が適用されることが多いです。 これは、キャッシングの契約書に金利何%として記載されているものをいいます。 この約定利率も利息制限法と出資法の制限を受けます。 もし借り入れをしている人が返済を延滞してしまいますと、キャッシング業者に遅延損害金という賠償を請求されることになります。 この遅延損害金も法定利率に基づいて定められています。 しかし約定利率の方が高い場合はそちらに基づいた賠償額が請求されます。 遅延損害金はどこの貸金業者も高く設定されていることが多いので、返済の延滞は避けるようにしましょう。