お金を借りたいときの対処法を確保しておこう

コツコツ貯金してお金の余裕を作っておくことに越したことはありませんが、長い人生、特に若い時などはお金が足りないという状況に見舞われることがあるものです。 その時の対処法としては、買いたい物があっても我慢するというのが1つ考えられます。 ですが我慢できるケースはいいですが、そういうわけにはいかないこともあるでしょう。 飲み会で終電がなくなり、どうしてもタクシー代が必要とか、実家で家族が入院し飛行機代や新幹線代が今すぐ必要、仕事で使うパソコンが壊れて今すぐ買わないと仕事にならないなど、緊急性あるピンチがあるかもしれません。 そんな時、あなたならどうするでしょうか。 友達や親族、会社の人に借りるというのも1つの方法です。 ですが、その場に居合わせる人がいないとか、借りられそうな人がいないというケースもあります。 身近な人ほど借りづらいというのもあるかもしれません。 そうした時に利用したいのが、カードローンやキャッシングです。 1枚持っていると、いざお金が足りないときに役立つことでしょう。 1万円単位で借りられるところのほか、1000円単位で借りられるところがあり、必要な額だけ借りられれば利息の支払いも少なくて済むので、とても便利です。 お金が足りない事態として、中にはお財布を忘れたなんて方もいるかもしれません。 定期を使って外出したものの肝心のお財布がないという場合、身分証明書さえあれば、最寄りの無人契約機等でその場でカードを作ってお金を借りることも可能です。

他社借入件数を整理して今後の人生を快適にしませんか

日常生活で私達は急な出費が重なってしまい、思いもよらぬ所で現金が必要になる事があるかと思います。 今は消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を含め、色々な手段でお金を借りることが出来ますが、他社借入件数が4社以上の借り入れがある場合は、大手消費者金融での借り入れは難しいと言えます。 何故ならば、大手金融会社は今はどこでも3件までの借り入れならば、追加で融資をお願いできるのですが、4件以上となると高い確率で審査に通ることがありません。 例えばこれが、年収500万以上の方が1件の会社で数万円の借り入れを4件、合計で10数万の借り入れとなれば出来るでしょう。 しかし借り入れ件数が4件以上ならば、現段階での返済をすることが難しいと考えられます。 ここで更に消費者金融で借り入れの申し込みをすれば、今の借り入れ件数や金額が全て分かってしまいます。 実は、信用情報機関で個人情報が全てデータ化されています。 消費者金融も信用情報機関のデータは必ずチェックしています。 更に貸金業法の規制により、年収の3分の1までしか借り入れが出来ません。 この規制に引っかかっていたならば、まず100%借入を行うことは無理です。 そんな方への救済措置として、弁護士等の専門家を通じての債務整理をするのが良い方法ではないでしょうか。 もし返済が困難ならば、一度借金を整理してみて今後の人生を立て直す事も視野に入れてみて下さい。 借金が複数ある人は、これらの事柄を一度確認しておきましょう。

実は随時返済で節約出来るのです

インターネットキャッシングやカードローン、クレジットカードで、毎月の返済とは別に好きな時に支払いたい、希望の金額を返済出来る便利なシステムがあります。 それが随時返済です。 この返済法には2種類あります。 1つは全額返済です。 その名の通り、元金の全額とその日までに付加された利息を合わせて1度に返済する方法です。 もう1つは一部返済です。 これは借り入れた元金のみを返済する方法です。 利息分は毎月の決められている支払い日に持ち込まれます。 勿論ですが、月々の返済もします。 この返済に利息分をプラスしての返済になります。 利息を含んだ借り入れ残高の全額返済を希望の際には契約の時に全額返済を申し込んで下さい。 一部返済を選んでしまうと、元金のみの返済になってしまいますので次回の返済にまた利息分だけの引き落としになってしまいます。 金銭の節約という意味では有利です。 いつもの返済にプラスされて可能な限りの返済を行いますので、繰り上げ返済が出来るため利息の節約が可能です。 毎月の支払いでは、返済した金額に利息分が含まれていますので、返済額から利息を差し引いた金額しか元金が減らないのです。 ですが、随時返済ですと返済の時に利息の支払い分が含まれません。 それによって、全ての金額が元金の返済に充当出来ます。 そうなると随時返済を行う事によって、一気に元金を減らせますので、支払いする期間が短縮でき、結果的には利息が節約出来るのです。